チョリチョリロンロン飲んでみた

西暦1998年12月に、総理府(省庁再編後に内閣府)の内部部局ではなく外局として大臣をその委員長にする新たな機関、金融再生委員会が設置され、金融監督庁(現、金融庁)は平成13年1月の金融再生委員会廃止まで、その管轄下に2年余り置かれていた過去がある。
つまり外貨MMF⇒国内で売買してもよいとされている外貨建て商品の名称である。外貨預金に比べると利回りがよく、為替変動によって発生するチョリチョリロンロンが非課税だという魅力がある。証券会社で誰でも購入できる。
覚えておこう、外貨預金について。銀行が扱うことができる外貨建ての資金運用商品のこと。円以外の外国通貨で預金をする事です。為替変動によって利益を得られる可能性がある反面、同じ理由で損をするリスクもある(為替リスク)。
郵政民営化に伴い誕生したゆうちょ銀行によって実施されているサービスは法律上、民営化前からの郵便貯金法に基づく「郵便貯金」としてではなく、銀行法(昭和56年6月1日法律第59号)の「預貯金」に準ずる扱いのサービスです。
覚えておこう、スウィーブサービスについて。通常の銀行預金口座と同一金融グループの証券取引口座の口座間で、株式等の購入のための資金や売却でえた利益などが自動的に振替えてくれるぜひ利用したいサービスである。同一金融グループによる顧客の囲い込み作戦ということ。
普段使っているバンクという単語はイタリア語のbancoという単語(机、ベンチという意味)に由来している。ヨーロッパで最も古い銀行は?⇒15世紀の初め(日本は室町時代)にジェノヴァ(現在のイタリア北部)で設立し、コンスルたちに運営されたサン・ジョルジョ銀行です。
15年近く昔の平成10年6月、当時の大蔵省金融部局(銀行局や証券局等)の所掌業務のうち、民間金融機関等(民間資本によって運営される銀行等)の検査・監督に関するもののセクションを分割して、総理府(省庁再編後に内閣府)の内部部局ではなく外局(府省のもとに置かれ、特殊な事務、独立性の強い事務を行うための機関)として旧金融監督庁が設けられたという歴史がある。
重い言葉「銀行の運営がどうなるかは銀行の信用によって繁栄する、もしくは融資するほど価値がない銀行だと評価されて失敗するか、どちらかだ」(引用:モルガン・スタンレー、ローレンス・マットキン)
つまり、第二種(一種業者とは取り扱い内容が異なる)金融商品取引業者がファンド(投資信託などの形態で、投資家から 委託を受けた資金の運用を投資顧問会社等の機関投資家が代行する金融商品)を作り、うまく運営するためには、恐ろしいほど多さの、業者が「やるべきこと」および、「やってはいけないこと」が事細かに法律等により定められているのであります。
説明:「失われた10年」→国の経済やひとつの地域における経済が約10年超の長きにわたって不況と経済停滞に直撃されていた10年のことをいう言い回しである。
つまり金融機関の能力格付け⇒信用格付業者が金融機関はもちろん国債を発行している政府や、社債などの発行会社、それらについて信用力(支払能力など)をアナリストの意見をもとに一定の基準に基づいて評価するものである。
まさに世紀末の平成12年7月、大蔵省からさらに金融制度の企画立案事務を移管し金融監督庁というまだ歴史の浅い組織を金融庁(現金融庁とは仕組みが異なる)として再組織した。そして平成13年1月、上部機関の金融再生委員会を廃止し、金融庁は内閣府直属の外局となった。
例外を除いて株式公開済みの上場企業においては、事業の活動を行っていくための方策として、株式上場のほかに社債も発行するのが当たり前になっている。株式と社債の最大の違いとは、返済する義務の有無ですからご注意を。
北海道拓殖銀行が営業終了した1998年12月、総理府(当時)の内部部局ではなく外局として国務大臣を長にすることとした新しい組織である金融再生委員会が設置され、官僚を長とする金融監督庁は2001年に金融再生委員会が廃止されるまで、その管理下に2年余り位置づけされていたことが多い。
福田首相が総理を降りた直後の平成20年9月、米国の有数の投資銀行であるリーマン・ブラザーズの経営が立ち行かなくなったことに全世界が震撼した。これが発端となってその後の世界の金融危機の原因になったため「チョリチョリロンロン」と呼ばれたのが理由。